トイレの歴史 - トイレの歴史

トイレの歴史

「トイレ」という言葉は、和製英語であり、昭和以降に使われ始めました。英語のtoilet(トイレット)の略です。昭和以前は、「はばかり」や「せっちん(雪隠)」「かわや(厠)」「ちょうず(手水)」と呼ばれていました。「便所」という呼び方は、今でも耳にすることがありますが、「お手洗い」「化粧室」といった言い方のほうが良い印象を与えるように思います。では、トイレの歴史を見てみましょう。日本において、いつ頃からトイレが存在したのか、正確なことはわかっていません。縄文時代の遺跡では、川底から糞石(化石)が見つかることがあります。そのことから、川に直接排便をしていたと考えられています。弥生時代の遺跡には、下水道のような構造があることから、弥生時代にはトイレのようなものが存在したであろうと言われています。平安時代の貴族は、御用箱というおまるを使用していました。おまるの中には砂の入った箱が入っており、トイレで出した糞尿は、その箱の中に落ち、家来がその箱を処理していました。しかし、庶民は便所を使用せず、野外で便をする様子が絵巻物には描かれています。江戸時代には、糞尿を農作物を栽培するときの肥料として取引するようになり、長屋には共同のトイレが作られました。この頃のトイレは、大型の瓶に木枠や木の板が乗っているものでした。糞尿の肥料取引は、その後、サラダなどの生野菜の普及による寄生虫感染防止や、化学肥料の登場により取引されなくなりました。明治時代には、下水道ができ、陶器でつくられたトイレも普及され始めました。昭和初期には、現在ある形の和式便所が普及し、洋式タイプは、高級品で著名な建物にだけ設置されていました。その後、洋式タイプのトレイがどんどん進化していき、消音、節水、温水洗浄付きなど便利な機能がつくようになりました。